top of page

冬至のイワトビラキ・ヒーリング

更新日:2022年12月26日



みなさま、この休息期間をどうお過ごしでしょうか。

休息期間というのは、宇宙から地球に降り注ぐエネルギーがかなり活発になっている今、肉体を持っている私たちが高次元エネルギーに照らされ浸透し、統合していく過程にあるので、心身ともに静かに穏やかに過ごす時期となっているから。


師走ですので、現実的にはドタバタしているかも知れません。

一年のやり残しを強制的に行なっている感覚がするかも知れません。

一気に手放しの課題が浮き彫りになっている方もいるでしょう。


そういう焦りの中で過ごしている方々も多いのではないでしょうか。


やる気が起きない、モチベーションが低い、っていうのもこの時期の特徴かも知れません。

気象も一つの原因だと私は思います。低気圧になると肉体は影響しますから。


そういう気象も自然の一部。エネルギー的に休息期間というサイクルを担っていると私は感じています。


休息期間なので、物事がゴタついていても焦らず、ゆっくりながらも少しづつ進めるという意図を持つと日常と精神のバランスが取れてくる手助けになると思います。



私はアリゾナ(の標高3000mの山の上)に住み始めてから、毎年この時期は原因不明な体調不良に悩まされていました。

10月から起こり始める咳、気管支炎、ダルさ、浮腫、、、ひどい時には夏近くまで引きずってしまい、一年の半分は体調不良。。。っという感じ。


焦りと戸惑いと、加齢?っという困惑との中にいましたが、

ここ1〜2年の間に気がついたのです。

一つの原因ではなくて複数の原因があったのだと。


一つはブタクサアレルギー。

アレルギーを持っているとはつゆ知らず、10月の季節を外のデッキで朝から過ごしていました。

咳込みから始まり、飲料を気管支に入れてしまいゴホゴホとなり、気管支炎を繰り返す。


10月の終わりには雪が降り始めます。

一気に気圧が下がる。

ここは標高が高いので、海抜0mのところが気圧1だとすると、ここは、ー5前後になります。

普通の日常でさえポテチの袋がパンパンに膨らんでいる地域です。

肉体に影響がないとは言えない。

さらに低気圧が到来して体がパンパンに浮腫む。

脳みそも圧迫されます。(圧迫されているような感覚、痛み)


そうなると、やっぱり怠い、起きれない。

節々も痛い。


そうなるとやっぱり焦り出します。


無理に行動を起こそうとすると体に負担がかかり、さらなる体調不良へ。



私たちの精神は肉体にも引っ張られますので、どん!と落ち込みモードへ。


とネガティブまっしぐら。


春を過ぎてから少しずつ気持ちの改善へと向かいますが、さすがに長すぎる。




去年までのそういった自己観察を経て、今年は大分改善されています。


ブタクサアレルギーを発症させないように外に出る時間を考える。

必要時はマスク着用。

同時に水分を飲むときは、要注意。気管支に入らないよう気を付ける。

体を適度に動かして浮腫を抑える。ヨガやストレッチ、散歩など。


それでも朝起きたら浮腫んでいるので指輪が入らないとかあります。

体がきついなという時は、ゆるゆるに過ごす。休む。焦らない。


食生活の改善。

私の場合4月からオートミールを主食としているので、それも改善策となったかも。

ビタミンD+カルシウム、総合ビタミンB(チョコラBBとか)など、サポートになるサプリメントも摂取。



住んでいる場所が標高高かろうが、低かろうが、この時期はそういった自然の影響が多く出てくる時期。


一番に重要なのは、『そういった時期なので、それに合わせた生活基準にしよう』

という気持ちで冬仕様のゆるゆる生活に変えたこと。


体を冷やさない。も大切。


焦らずにゆるゆるに、体調悪くてもそれはしょうがない。そういう時期なのだ。


だから、気持ちだけは沈ませないようにしよう。

モチベーションを高めようとすると負荷がかかるのでニュートラルに保つのが望ましい。


必要以上にモチベーションを高めるよりもニュートラルに保つ。

臨機応変に対応できるように平常心を心がける。


ニュートラルに保つことで、エネルギーを蓄えていくという休息時期なのです。


これから冬至に向かって陰のエネルギーが高くなっていきます。

そして、冬至は変化の時期でもあります。


未来へ向かって冬至後はどんどん太陽のエネルギーが強くなっていきます。

太陽の『再生』と呼ばれるのが冬至です。


上昇気流に乗ってエネルギーの流れが上昇していきます。


これは次のステップに向かうためのタイミングでもあります。

新しことにチャレンジしたり、物事の復活、希望を広げていく助けにもなります。


この冬至までに準備、体制を整えていくことで(ニュートラルにしておくこと)、太陽エネルギーを味方につけ、浄化、向上をしていくことが可能です。


この2022年、そして2023年の冬至はとても強いエネルギーが流れていくと言われていますので、この冬至に意識を向けて、太陽の光浄化、復活、再生、変化、チャレンジ、向上を意図していきましょう。




22日冬至の日に、『イワトビラキ』ヒーリングを行い、太陽の光浄化、エネルギーのポジティブ化、循環、向上を意図し、みなさまへの一斉ヒーリングにします。




ご参加希望の方は早めにお申し込みください。

お一人3900円となります。


お申し込みフォームに記入し送信してください。

メールのてご返信しお支払い方法をお知らせします。


お申し込みフォームは下記のリンクになります。

お申し込みは終了しました。ありがとうございました。



お申し込み期日は前日の21日まで。

お支払いはペイパル、またはクレジットカード払い

銀行振込となります。



お申し込みは終了しました。ありがとうございました。




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page