Ascended master

St. Germain

セント・ジャーメイン(Saint Germain) 

 錬金術とは、「時間」に設定された意識の自然な光の状態への変換を意味するようになりました。これは現在進行中のプロセスです。

セント・ジャーメイン(Saint Germain) の冒険は、現実のすべてが幻想的な体験の時間に設定された意識ホログラムに過ぎないため、人がそうであると認識するのと同じくらい現実的、または幻想的でした。

 

セント・ジャーメイン(Saint Germain) は、イエス・キリストを含む歴史の中で多くの役割に起因し、

これは私たちを地球外生物とアヌンナキに繋げていきます。

また、セント・ジャーメイン(Saint Germain) は、

エジプトの神トートと同一の魂としても知られています。

 

 

ニューエイジのスピリチュアリズムでは、セント・ジャーメイン(Saint Germain) を紫と宝石のアメジストに関連付け、宇宙意識の第七(紫)光線のマスターとして知られています。

神智学によれば、第七(紫)光線は7つの形而上学の原則であり、個々の魂と、2,158年に渡るそれぞれの占星時代の両方を管理しています。

 

また、次の占星の時代、水瓶座の時代は、第7(紫)光線(儀式の光線)に管理されるため、セント・ジャーメイン(Saint Germain) は時々「水瓶座の時代の宇宙マスター」と呼ばれます。

 

バラ十字のマックスハインデルの著作では、セントジャーメイン伯爵(18世紀)は、13世紀に生まれた謎めいた個人であり、

バラ十字軍の首長であるクリスチャンローゼンクロイツの後期の化身の1つとして説明されています。(前世)

この著者によると、ローゼンクロイツは以前の前世ではラザロであり、新約聖書の聖書の登場人物でした。

また、未亡人のフリーメーソンの息子であるハイラム・アビフであったとも言われています。

 

 

1925年の本、神学の信奉者であるC.W. Leadbeaterによる「The Masters and the Path」では、セント・ジャーメイン(Saint Germain) は「コンテドサンジェルマン」と「マスターラコッチ」の両方の名で呼ばれています。

The Masters and the Pathの240ページには、トランシルヴァニアの彼の城で魔法の儀式を行うと、

セント・ジャーメイン(Saint Germain) は、「かつてローマ皇帝が所有していた金色のチェーンメールのスーツを着て、

その上に壮大な深紅色のマントを羽織られ、その留め金にはダイヤモンドとアメジストの7つ星の星が描かれています。

時には彼は見事な紫のローブを着ています。」

と書かれています。

 

アリスベイリーの本では、セント・ジャーメイン(Saint Germain)は「マスターラコッツィ」としても知られています。

アリスA.ベイリーの本「階層の外部化(1934)」は、アセンデッドマスターとしての彼の評判の高い役割について最も多くの情報を提供しています。

 彼の称号は「文明の主」と言われ、彼は水瓶座の時代の新しい文明をもたらすのに役立つと彼によって見られている人々にテレパシーで影響を与えると言われています。

 アリスA.ベイリーは、「AD 2025年後のいつか」イエスキリスト、セント・ジャーメイン(Saint Germain)、クツミ、およびアセンデッドマスター階層(ゴータマブッダを除く)の他の人々は、「外部化」するだろうと述べました。

つまり、エーテル面から降りて、弟子たちに囲まれたアシュラムで地球上に物理的に暮らすであろうと。

 

Godfre Ray Kingの本とLaw of Lifeの本では、セント・ジャーメイン(Saint Germain)はイエスの養父であるジョセフ、アーサー王の宮廷の魔術師マーリン、ロジャーベーコン、ドイツのクリスチャンローゼンクロイツ、クリストファーコロンブス、フランシスベーコン、トランシルヴァニアのプリンス・ラコッチ。(前世)

彼の以前の化身についてのこれらの信念はまた、彼が古代ユダヤ人の預言者サミュエルとして、セントオールバンとして、またアトランティスの白い魔術師の大祭司として受肉されたことに加えて、教会普遍的勝利者によって広められました。

ガイバラードは、彼の本 『マジックプレゼンス』がセント・ジャーメイン(Saint Germain)から彼に向けられたと主張しています。(神聖な経典と見なされる 『マジックプレゼンス』の公式I Am版は、紫色の書体でラベンダー紙に印刷されています)。

 

エリザベスクレア預言者によると、サンジェルマンは1684年5月1日に上昇しました。

サーフランシスベーコンは1626年に亡くなったと言われていますが、

 預言者は、サーフランシスベーコンの葬儀の棺の遺体は彼自身のものではなく、彼自身の葬式に出席したと主張しています。

おそらく、彼は1684年の彼の昇天まで生き続けました。

したがって、預言者によると、歴史的なセント・ジャーメイン(Saint Germain)はすでに昇天したマスターでした。

教会では、普遍的で意気揚々としたセント・ジャーメイン(Saint Germain)は、イエスキリスト(サナンダ・クマラ)、ゴータマブッダ(サナカ・クマラ)、サナトクマラ「世界の主」によってのみ重要性が上回られた神と見なされています。

一部の人々の間では、セント・ジャーメイン(Saint Germain)は生存し、イエスキリストや慈悲深い宇宙人と積極的に協力して法律を制定していると信じられています。

参考元https://www.crystalinks.com/stgermain.html 一部引用

Arizona