次元上昇の案内役 ”クジラ”

とても古い時代、

人間の魂とイルカ、クジラたちの魂は、同じような領域にいたという。

人間がイルカに生まれ変わったり、イルカが人間に生まれ変わったりと。

人間の魂は、個々としての学びをするために陸へ上がり、人間として生きることを

イルカ、クジラの魂は、愛を選び、集合意識の魂として海に生きることを選んだ。

クジラたちは、愛の波動を根源とし調和を尊び優雅に泳ぐ。

イルカたちは、愛の波動を根源としワクワク感の中、自由に泳ぐ。

彼らは、地球にコネクトし地球の愛の中に生き、地球の大いなる歴史をその身に刻み、 その魂の中に地球の叡智を抱きしめている。

地球の叡智は、宇宙へと繋がり、

宇宙の大いなる光に守られ、

遥か彼方の宇宙の星々へと繋がれて行く。

この地球は個々にあるのではなく、

遥か彼方の星々と繋がり、大いなる循環の中に生命を育む。

それはクジラたちの中に記憶され、

生命のアカシックレコードとして大いなる叡智となる。

この地球の中で、高次元体として生きるクジラたちは、

私たちを次のステップへと導く案内役である。

私たち一人一人が各々と心の領域を広げ、愛を土台に循環し調和へと動き出せるよう導く。



今、この時代。

分割されて行く時代となっている。

正義と悪。

愛と循環、そして調和の時代へと移行するための悪だし的な時代であるように思える。

『正義と悪』という認識に縛られ続ける人々の間では争いが絶えない。

『正義と悪』のその上に行くことは出来るであろうか。

クジラたちのように

愛の循環を起こし、

調和の中で生きて生きたいと私は思う。

紙『神』彫刻師 中村凰伯先生の『ザトウクジラの親子』

を見ていると、地球の恵みである豊富な水の中、優雅に上昇するザトウクジラの親子とともに『私も一緒に上昇するよ! 』と、声をかけたくなる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下、アモラ・クァン・イン著 「プレアデス 覚醒への道」より抜粋

イルカ・クジラたちは無条件の愛と慈しみと喜びに満ちたマスター存在であり、地球・人類がアセンションするためのスペースと周波数を保持してくれて います。

野生のものであれ水族館にいるものであれ、彼らの存在に触れると、彼らがいかに愛と光に満ちた存在であるかがわかると思います。

地球上にイルカ・ クジラたちがいてくれているのは、祝福です。

彼らは人類の無知に対して多大なる無条件の愛と思いやりを持ち、喜びを持って奉仕し、やがて私たちが共に光の中にアセンションすることを楽しみにしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


紙『神』彫刻師 中村凰伯先生の『ザトウクジラの親子』

イベント販売中です。


ザトウクジラの親子

1サイズのみ

A2サイズ(420×594)

厚さ:205ミクロン

直筆サイン入り

1ポスター

 ¥9,990- (郵送経費込み)

郵送経費=筒代+郵送料¥1500-

(9,990円に含まれます)

数枚お申し込みの方は、

郵送経費は1枚分となります。

おまけ

”If you only knew the magnificence of the 3, 6 and 9, then you would have the key to the universe.”

3,6,9の数字のもつ力を解明しさえすれば、宇宙への鍵を手に入れることになる。)

数字の、1,2,4,5,7,8は物理世界を表すとされます。

そして3,6,9は高次元世界を表す。

その中でも『9は全てでもあり、無でもある。』

ニコラ・テスラ『数字の不思議な法則性』

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示