ローズカット・ローズクオーツ ネックレス


販売前準備期間セール


ローズカット・

ローズクオーツ ネックレスです。


ローズカットってご存知ですか?


ローズカットとは、底辺が平らになっていて、上がドーム状に丸くなり三角形が集まった六芒星で形成されたカッティング(ファセット)のことをいいます。

中央部分がブリリアントカットのように平らなテーブルではなく、花の蕾のように盛り上がったカッティングになっています。

ローズカットは、アンティークジュエリーによく見られ、18世紀ごろからのジュエリーによく見られます。 19世紀半ばにブリリアンカットが登場してからも廃れることなく愛され続けられているカット法です。




右の図のように小さな三角形がたくさん集まって、六芒星を描くようにカッティングされています。 真ん中の6つの三角形が花の蕾のように盛り上がった感じになっています。 底が平らなので、ベゼル(銀の帯)で包み込む手法を取り、固定させて行きます。

私が削り出す石は、底に厚みのある状態にしています。



ローズカットなので 合わせて可愛く、ローズクォーツ!!! ピンクのローズクオーツは、愛の石です。

ハートのアナハタチャクラに共鳴し、

無条件の愛で満たしてくれる愛のお守り。


実は私が初めて手にした天然石がローズクォーツでした。

いつも胸ポケットに忍ばせて愛のお守りとして支えてくれていました。(30年前っ!)


見事成就して今でもラブラブですから!笑。


自他愛の石なので、もちろん、自分自身の許し、自己受容、自己への愛、そして自己犠牲からも守ってくれます。


また、今のこの次元層に必要なエネルギーは、愛の波動です。

この地球、そしてこの世界を愛の波動で満たしていくことを求められているのが、今の課題でもあります。

そんな折に、『それならこの石でしょう!シンプルに!率直に!混じり気なしの愛の波動共鳴石!』と言えるのがこのローズクオーツ。


私も少し照れながら『ローズクウォーツ好き❤️』って言ってしまうくらいのお気に入り天然石です。笑


ブリリアントカットの次に練習したいのはローズカット !!

と決めていました。

このネックレスを作りたかったのです。

愛の共鳴!愛の波動!真実の愛!!なネックレス。



見本に何個か削って見て、完璧に!(?)綺麗に削れました。

ブリリアントカットの工程とは真反対の工程で、

ブリリアントは、外側のカットから始まるのに対し、

ローズカットは、真ん中の蕾部分からはじまります。