top of page

スギライト とは

スギライトは日本人が発見した新鉱物として世界的に認知された天然石。

九州大学地質学科岩石学部教授である「杉健一」の名前から、「スギライト」と名付けられ和名は「杉石」

海外では、スギライト、スジライト、ルブライト (Lavulite)、ロイヤルアゼル (Royal Azel)、ラブライト、サイベリン、ウェセライトと呼ばれる。(商品名など)


日本の愛媛県岩城島杉健一らにより1944年に調査・採取され、1974年に国際鉱物学連合(国際新鉱物命名委員会IMA#1974-060)が新鉱物として認定。最初に発見し、新鉱物として申請した岩石学者村上允英の師でもあった杉に因み命名された。



日本のスギライトは、紫色ではなく肌色や灰色に近い色合いをしている。


ルースとしての需要があり、杉石を使った装飾品が作られている。チャロアイトラリマーとともに世界三大ヒーリングストーンの一つとされ、パワーストーン愛好家に人気がある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



1980年以降、閉山に伴い、入手が困難になっている。 その為、価格が高騰ししている。

採掘が難しく、希少な宝石として認知されている。

最も価値のあるスギライトは、 深く均一な紫色である。 スギライトは希少な鉱物であり、ピンク、紫色、黒色、青、明るい茶色がかった黄色などがある。

スギライトの化学組成

主にカリウム、ナトリウム、リチウム、鉄、マンガン、アルミニウム。

半透明から不透明な紫色の石として形成される。

色の正確な色合いと強度は異なる場合がある。

塊として結晶化することもあれば、個別の結晶を形成することもあるが、非常に稀である。


希少な濃い紫色の半透明の物質は「ゲルスギライト」「ジェルスギライト」として知られ、非常に価値がある。

ヴェッセルズ鉱山の既知の埋蔵量は枯渇しており、スギライトは今、かなり高価で人気の宝石となっている。


スギライトのアファメーション

「私の心は穏やかで、体は安全で、心は目覚めている。」


ネガティブな感情や状況から守り、克服するポジティブなエネルギーを生成すると信じられ、育成の宝石と考えられ、心配事からの解放をサポートする。

また、ポジティブな感情を促進、ストレスを軽減し心の平和と感情的な癒しを確立する。

パラノイアやPTSDなどのメンタルヘルスの問題と闘っている人にとって、スギライトは亀裂を滑らかにするのに役立ち、粉々に砕け散る感覚を軽減する。

また、睡眠と夢の実現のための神聖な石でもあり、人々が不眠症を克服するのを助ける。

スギライトは、その高いレベルの鎮静化のおかげで、優れた鎮痛剤でもある。


変化や困難、抵抗に直面することを助けることで、

困難な変革の時代に寄り添い、保護する。

瞑想の石であり、精神的な愛と知恵の石である。

悪夢を見ずに安らかな眠りに最適。




スギライトと相性の良い天然石

アメジスト

スピリチュアルな領域への同調を高め、スピリット・ガイドから洞察力と

知恵を受け取るのをサポートする最高のクリスタルの 1 つであるアメジストとよく合う。

スギライトの副作用

疲労感: 高波動の石であるため、初心者はスギライトを長時間使用すると疲れを感じたり、疲労感を感じる場合がある。(エネルギー 酔い)


スギライトは最も重要な愛の石の一つと考えられています。ネガティブな執着を取り除き、ネガティブなエネルギーから守る効果があるため、多くの人が毎日身に着けたり持ち歩いたりしている。


世界3大ヒーリングストーン

ラリマー

チャロアイト

スギライト



スギライトは、世界3大ヒーリングストーンのひとつである。

ヒーリング効果の高いスギライトは、ラリマー、チャロアイトに並ぶヒーリングストーンとして知らせている。

数あるパワーストーンの中でも最高クラスの効果があるとヒーラー達から言われている。

ストレスの解消、邪気から守る、心身の自然治癒力を促す、逆境に立ち向かう強さなどのサポートとして知られている。


サポートされるチャクラは、眉間の第6チャクラ、そして頭頂の第7チャクラ。

また、ハートを開く力があるスギライトは、ハートチャクラの第4にも共鳴するとされる。

愛の石とされるスギライトは、ハートの第4、また第4の副となるピンクのチャクラにも大きな共鳴がある。


浄化能力の高い紫色をしているため、神の第7光線を放ち、体内外の浄化を促す。


意識の進化

高次元への目覚め

内なる智慧と真理

普遍的真理とのコンタクト

宇宙の叡智とのリンク

ストレス解消

バランス感覚

洞察と直感力

などをサポート


大きなエネルギーを内在しているため、自身のエネルギーと調和されるまでエネルギー酔いを起こす可能性もある。

エネルギーの調和を図る。

エネルギーの浸透と調和を促す。






閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page