top of page

カシオペアにて




焚き火の横に小さな調理用の囲いを作り、熱々の炭を入れていく。

そこに網に挟んだTボーンステーキを詰め込んで焼く!!!


どでかいステーキ!!















じゅわわわわ〜〜〜と美味しい音を立てる。




半分くらい残しました。

お腹いっぱい(ポテトサラダもありました。)



残した半分は朝食に刻んで食べました。

朝食は目玉焼き、ベーコンも。














すでに日が暮れて、真っ暗闇になったこの荒野砂漠。


かなり真っ暗で、

あれ?満月じゃなかったっけ?????

と、頭の中が混乱状態。


家族みんなで辺りを見渡しながら、

昨夜は何時に月が出たのか、、、

この時間はすでに月はあったはず、、、やらを話しながら、少し散歩。



すると小山のあたりが薄らと白み始め、

月が出てきました。



月が煌々と照らす荒野砂漠は、

遠くまで見渡すことができるくらい明るくなっていました。

(写真には映らなかった)



星が輝く夜空に明るく照らす月。

そして遠くまで見渡せるファンタジーな世界。


で、そんな光景を眺めながら、トイレする醍醐味。笑。



焚き火を囲みながら、ポータブルスピーカーから流れる音楽を聴きながら、

ふと夜空の横を見るとWの形に浮かぶカシオペア。


日本から見るカシオペアは、Mの形だけど、

アメリカから見るカシオペアは、Wの形となる。



この大きなカシオペアの左側から小さな光が、すーっと右に向かって動く。


『あれ?動いている?』と最初に見た時は、息子たちと眺めながら、 数秒後には消えていった光を見ていた。

まだまだ、地上に近い位置。

『薄く曇っているのかな?』

『雲が動いているんじゃないかな?』

と、流れていく雲の向こうに見える星が動いているように見えている。。。のだと思った。



30分ほど経った時にふと気になって見上げてみたら、

そこにまた、そこに光る星があった。

すーっと右方向に動いている。

その星の真横にまた小さな星が光出して、今度は右に動いている。



『。。。。いや、あれ、星じゃないよ。』


とみんなが見上げた時に数個の星のような光が現れ、右に向かってすーっと動きながら消えていく。


すーっと現れ、すーっと数秒動き、すっと消えていく。


それを何個も眺めていた。


その中には、現れた後にブワッと輝き、すーっと消えていくものまであった。


カシオペアのWの形の左側から現れて、真ん中の△部分で光りながら右側へと移動、すーっと消えていく。


一つ現れては、光り、消えていく。一つ現れては、、、という具合だ。

時に数個同時に現れて、それぞれの高さの位置に消えていく。

大体3時間くらいは眺めていた。


その間にカシオペアは、段々と移動し高い位置になっていく。


それでもカシオペアのWの位置で飛んでいくその光。


大気圏内外でそれが飛ばされているのであれば、星々の移動に関係なく、その場所であろうが、これはずっとカシオペアで起こっている。

なので宇宙での飛行であることは理解できる。



『衛星の打ち上げあったっけ?』と相棒さん。

(衛星の打ち上げは70個近く打ち上げるらしい)


相棒さんが調べてみたが、この日の打ち上げは見つけられなかった。


数秒の間を置いて、また現れる。

消えていって、数秒後にまた出てくる。


間が長くなった頃に


『もう終わりかな?』 というとすぐに出てくる。笑


それを繰り返していたら、3時間くらい経っていた。


これらの光が全て別のモノだとしたら

合計50個(機?)は超えている。



『うはー!忘れられない誕生日になった!!』(長男坊) 『すっごい〜!さすが〜〜』(双子) 『今まで見た中で、一番すごかった!!!』(次男坊)

などなど、歓喜した夜となった。



実は、まだまだ続いていたようだったけど、 それぞれ眠りに入ったのでした。

今度は満月じゃない時にキャンプしよう! 星々が綺麗にたくさん見える時!! と次回が楽しみである。


結局、私自身は、月明かりで眠れない(超絶寒かった)夜を過ごし、

白み始めた朝日が出てきたところで、

相棒さんが起きてきたので、お湯を沸かしてもらった。





持ってきたインスタントコーヒー。

砂糖を忘れていたので、

昨晩焚き火で焼いていたマシュマロの残りを千切って入れてみた。












お!!美味しそうに見える!!!





普段飲みでも良いくらい、とてもおいしかった!!!!













閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios