top of page

イワトビラキ・一斉遠隔ヒーリング ”ライオンズ・ゲート”


このライオンズ・ゲート期間、どうお過ごしでしょうか。 私は昨晩、夕食後の散歩をしている時、まんまるのお月様がとても眩しくて驚きました。

私の住んでいるこの街は、街灯がなく真っ暗になります。 ご近所のお家の玄関先にある明かり、そしてガレージ用の強烈な明かりが散歩をしていると足元を照らしてくれているようなもの。

そのご近所さんの明かりも『邪魔だなあ、、、。』って思いながらも気にしないようにしているところ、頭頂からキン!!とした刺すような明かりが気になり空を見るとまんまるの眩しいお月様でした。笑


この満月は、なんかすっごいキン!!っとしたエネルギーだな。。

って思ったのでした。

満月の時は、結構体調バランスが崩れやすく、むくみが出たり、眠れなくなったり、寝過ぎたり。笑

10年くらい前までは、精神的にも引っ張られる感じも大きく、イライラや落ち込みなどもありましたが、最近の私は、精神的に引っ張れることはまぁ、、なくなっております。

体調も自分のリズムがわかるようになると何となく気を付けるようになり、大分バランスを崩さないようになってきています。




今、この時期はエネルギーの上昇気流になっていると思います。

ライオンズ・ゲートの高次元波動が一気にきている感じ。

それに満月のエネルギーが重なって益々大きく、強くなっている感じがします。

台風のような、嵐のような、、、うーん。竜巻?っぽいかも。


この根こそぎ上空に掻っ攫っていくような気流に『今、手放したいもの』(不必要なエネルギー、ブロック、トラウマ、カルマなど)を解き放ち、持っていってもらうのをお勧めします。

瞑想時、意識を心の中心に置き、肉体、世の中を取り巻く大きなエネルギーを感じてみてください。

穏やかに横から上から下からと風が通り過ぎていくようなエネルギーの流れです。

その風のエネルギーに葉っぱが乗ると、ビューンと空に持っていかれるような動きをしている感じです。

そのエネルギーの流れに『手放したいもの』を乗せて持っていってもらいましょう。

その際『手放します、お願いします。』などお任せする旨をエネルギーに伝えます。


次に、『今後の目標を乗せる』をします。

これは意図を乗せ、サポートをお願いする、です。

この時期に決めたことはしっかり辿り着けます。

8月8日のライオンズ・ゲートがピークに開く時までに、自分自身の中で『これ!!』と確固として決めることができるとなお良いと思う。 それを決めることができる時期でもある!ということでもあります。


それが自身の心にしっかりと浸透し、ずれない強さを引き出していきます。


この時期は変革、変容、意識改革が起こりやすくなります。

一気にエンライトメントしていく方々もいるかと思う。

この2023年は、多くの人たちが変容していけるようにエネルギー的にも後押しされている年でもありますので、意識をポジティブに、そして向上心、愛に注目していてください。


このライオンズ・ゲートのエネルギーの中で、『イワトビラキ・ヒーリング』を一斉遠隔ヒーリングとして行います。

ライオンズ・ゲートがピークに開くのが8日ですので、その日は意識を高く保って(愛に集中)心静かにエネルギーを目一杯受け取っていてください。


その後10日に『イワトビラキ・一斉遠隔ヒーリング』を行います。

このヒーリング・エネルギーは、多次元性の自己への浸透、そして統合、

次の扉を開いていくための準備、そして、その扉を開け次への後押しとなります。

ライオンズ・ゲートのパワーが次への扉開けの追い風になるよう、この時期の『イワトビラキ・一斉遠隔ヒーリング』です。

 

8月10日 イワトビラキ・一斉遠隔ヒーリング

お申し込み必要です。 5000円


日本時間午前中に一斉遠隔ヒーリングを行います。

コールイン方式ですので、お好きな時間に瞑想しながら受け取りとなります。

お申し込みフォームを送信後メールにて、ご入金案内をいたします。 お支払いは、ペイパルまたはクレジットカード、そして銀行振り込みが選べます。

ご入金後にお申し込み確定となります。

ヒーリング完了後にメールにてお知らせいたします。

遠隔ヒーリング受け取り方法PDFファイルを添付いたしますので、初心者にもお受けできます。


イワトビラキ・一斉遠隔ヒーリングお申し込みフォーム

https://ws.formzu.net/dist/S10311111/ お申し込みフォーム送信後2日経っても返信がない場合、正確にフォームが届いていない場合がございます。

コンタクトよりお問い合わせください。

 


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page